西野朗ってどんな人?基本情報や実績を簡単に解説!

あなたは西野朗(にしの あきら)という人についてご存知ですか?
2018ロシアワールドカップ大会に臨み、サッカー日本代表監督交代のことで、話題になった人物です。

今回は、西野朗三がどんな人だったのかを、個人情報や指導歴について簡単にご紹介します。

西野朗の基本情報を簡単に解説!

ここでは、西野朗の基本情報を簡単にご紹介します。

・1955年
埼玉県浦和市(現・さいたま市)にて産まれる。

・1971年
埼玉県立浦和西高等学校に入学。

・1974年
早稲田大学に入学し、ア式蹴球部に所属。在学中に日本代表に選出された。

・1985年
日本サッカーリーグタイ記録の8試合連続得点をあげベストイレブンにも選出された。

・1985年
日本サッカーリーグタイ記録の8試合連続得点をあげベストイレブンにも選出された。

・1991年
1991年からU-20日本代表監督を務める。

・1994年
U-23日本代表監督に就任した。

・1998年
Jリーグ柏レイソルの監督に就任した。

・2000年
Jリーグ最優秀監督賞を獲得した。

・2002年
Jリーグガンバ大阪の監督に就任した。

・2005年
2度目のJリーグ最優秀監督賞を獲得した。

・2008年
AFCチャンピオンズリーグを制し、AFCからアジア最優秀監督に選ばれた。

・2009年
千葉戦で、J1通算200勝を達成。さらに、この年の天皇杯を制し、天皇杯連覇を達成した。

・2012年
Jリーグヴィッセル神戸の監督に就任した。

・2014年
Jリーグ名古屋グランパスの監督に就任した。

・2016年
日本サッカー協会の理事、技術委員長に就任した。

・2018年
日本代表の新監督に就任した。

西野朗の実績を簡単に解説!

・ナビスコカップ:1回 (1999年)

・Jリーグ ディビジョン1:1回 (2005年)

・ナビスコカップ:1回 (2007年)

・天皇杯:2回 (2008年、2009年)

・ゼロックススーパーカップ:1回 (2007年)

・AFCチャンピオンズリーグ:1回 (2008年)

・パンパシフィックチャンピオンシップ:1回 (2008年)

・Jリーグ最優秀監督賞:2回 (2000年、2005年)

・AFC最優秀監督賞:1回 (2008年)

ペルー代表、2018サッカーユニフォームを発表

ペルー代表は2018年8月からエクアドル代表などと契約している「Marathon」にサプライヤーを変更する為、「Umbro」によう現行契約最後のサッカーユニフォームとなる。

本日は、彼らの2018シーズンのサッカーユニフォーム(ホーム・アウェイ・サード)をまとめて紹介する。

ペルー代表 ユニフォーム ホーム(1st)はペルー代表らしいクラシックな雰囲気のシンプルなデザインを採用。オーソドックスで奇をてらわない、伝統的なデザインが良い感じだ。

ただし細部は少しだけ豪華に。肩にはゴールドを基調としたUmbro“ダブルダイヤモンド”のテープを配している。

伝統の襷(たすき)にはゴールドのパイピングを施し、襷自体にも光沢感のある素材を当てているように見える。

協会エンブレムは左胸に織りワッペン縫い付け。

ペルー代表 ユニフォーム アウェイ(2nd)は赤をベースに白の襷(たすき)モチーフ、ホームモデルと同様、ゴールドのパイピングが施されている。一方肩部のデザインはホームモデルと異なり、umbroのロゴマークがシャドーで配されている。

ペルー代表 ユニフォーム サード(3rd)は赤基調に濃赤の襷(たすき)が配されているが、その輪郭は不規則で、さらにそれと繋がるようなカモフラージュのペイントがベースに配されている。

現代風デザインのサードモデルはペルー代表を応援するスポンサーである「Cristal」の傑作で、9大会ぶりの本大会出場のペルー代表の歴史を築いてきたあらゆる選手、スタッフ、サポーターの思いを防ぐ、ロシア大会へ挑むというメッセージを込めている。

ペルー代表、2018サッカーユニフォームの購入を検討中の方はここをクリックしてチェックすることができますよ。

2018ロシアW杯の人気サッカー選手一覧(10選)

いよいよ、4年に一番大切なワールドカップ本大会がやってきます。世界最高峰のサッカー大会としてのワールドカップの見た目は代表チームだけでなく、人気のサッカー選手の成績も人々に注目されています。今日は、2018ロシアW杯の人気サッカー選手10選をまとめて紹介いたします!

ブラジル代表:ネイマール

ブラジル・サンパウロ州モジ・ダス・クルーゼス出身のサッカー選手。ブラジル代表。リーグ・アン・パリ・サンジェルマンFC所属。ポジションはフォワード(FW)。

地元ブラジルでの開催となった2014 FIFAワールドカップでは、グループリーグのクロアチア戦、カメルーン戦で2ゴールずつを奪い、準々決勝の時点でチーム最多得点となる4ゴールを挙げていたが、準々決勝コロンビア戦後半43分にDFフアン・スニガの膝による激しいチャージを背後から受け負傷、そのまま担架で運ばれ、フォルタレザ市内の病院に搬送、脊椎骨折で全治数週間と診断され、残る準決勝以降の試合に出場できなくなった。

アルゼンチン代表:メッシ

メッシは、アルゼンチンサンタフェ州ロサリオ出身のイタリア系アルゼンチン人サッカー選手。リーガ・エスパニョーラ・FCバルセロナ所属。アルゼンチン代表。ポジションはフォワード。

2014FIFAワールドカップブラジル大会では、4得点をあげ、大会最優秀選手のゴールデンボール賞に輝いた。ベストイレブンには選出されていない。しかしチームは決勝トーナメントに入ってから決勝のドイツ戦の延長まで無失点を継続して勝ち進み、準優勝に終わった。

ポルトガル代表:ロナウド

ロナウドは、ポルトガル・フンシャル出身のサッカー選手。リーガ・エスパニョーラ・レアル・マドリード所属。ポルトガル代表。ポジションはフォワード。

2014年のワールドカップ本大会では開幕前に故障を抱えていたが、グループリーグのアメリカ戦では後半ロスタイムに同点ゴールをアシストする。さらにガーナ戦ではワールドカップ3大会連続得点となる決勝ゴールを挙げ同試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出されるも、チームはグループリーグで敗退した。

フランス代表:ポグバ

ポグバは、フランス・セーヌ=エ=マルヌ県出身のサッカー選手。フランス代表。イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドに所属する。ポジションはミッドフィールダー(MF)。

2017年5月、ESPNは世界で最も有名なアスリート100人を発表し、40位に選出された。サッカー選手としては14位。

ドイツ代表:ミュラー

ミュラーは、ドイツ・ヴァイルハイム・イン・オーバーバイエルン出身のサッカー選手。ブンデスリーガ・バイエルン・ミュンヘン所属。ドイツ代表。ポジションはミッドフィールダー、フォワード。

2014年6月16日の2014 FIFAワールドカップ初戦、ポルトガル戦ではハットトリックを達成したが、第2戦ガーナ戦ではチャンスを作りながらなかなか得点できず、試合終了間際にガーナの選手と競り合った際に顔面を負傷した。史上初の2大会連続得点王とはならなかったが(5得点で2位)、ドイツ代表のワールドカップ優勝に貢献した。

スペイン代表:イニエスタ

イニエスタは、スペイン・アルバセーテ県フエンテアルビージャ出身のサッカー選手。スペイン代表。ポジションはミッドフィールダー。

イングランド代表:ケイン

ケインは、イングランド・ウォルサム・フォレスト・ロンドン特別区出身のサッカー選手。プレミアリーグ・トッテナム・ホットスパーFC所属。ポジションはフォワード(CF、ST)・ミッドフィルダー(OMF、SMF)。

2017年6月10日に行われた、スコットランド代表との2018 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選では初めてイングランド代表の主将を務め、1点ビハインドでイングランド代表の敗戦が濃厚となっていた後半48分、2-2とする貴重なボレーでの同点ゴールを決めた、続いて行われたマルタ代表とのワールドカップ予選でも2得点を決めた。同年10月5日のワールドカップ予選スロベニア戦では0-0で迎えた後半アディショナルタイムに決勝ゴールを挙げ、イングランドの6大会連続15回目のワールドカップ出場を決めた。

ベルギー代表:アザール

アザールは、ベルギー・エノー州ラ・ルヴィエール出身のサッカー選手。プレミアリーグ・チェルシーFC所属。ベルギー代表。ポジションはミッドフィルダー。

UEFA EURO 2016グループステージ第3戦のスウェーデン戦ではマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。決勝トーナメント1回戦のハンガリー戦でも1ゴール1アシストを記録しマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。

クロアチア代表:モドリッチ

モドリッチは、クロアチア・ザダル出身のサッカー選手。レアル・マドリード所属。クロアチア代表。ポジションはミッドフィールダー。主にセントラルミッドフィールダーとしてプレーする。

EURO2016では、初戦となるトルコ戦でボレーシュートを決め、スペイン戦ではセルヒオ・ラモスのキックの癖をダニエル・スバシッチに伝えPK阻止に導くなどグループステージ突破に貢献。

2017年10月6日、2018年W杯予選のフィンランド戦にて代表100試合出場を達成した。

ウルグアイ代表:スアレス

スアレスは、ウルグアイ・サルト出身のサッカー選手。ウルグアイ代表。リーガ・エスパニョーラ・FCバルセロナ所属。ポジションはフォワード。

ウルグアイ代表のFWとして、スアレスが2度目のFIFAワールドカップ出場メンバーに選出され、2010 FIFAワールドカップ南アフリカ大会では、準々決勝のガーナ戦では1-1の同点で迎えた延長戦終了間際、相手セットプレーからの枠内に飛んだドミニク・アディアーの決定的なシュートをハンドで阻止。決定的な場面での故意に手を使った得点機会阻止のため、レッドカードを受け退場した。2014FIFAワールドカップブラジル大会では、グループリーグ第3戦対イタリア戦において、イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニの左肩に、試合中としては通算3度目となる噛み付きを行い[15]、FIFAによる調査と審議の結果、同月26日に、ウルグアイ代表としての公式戦9試合出場停止、スタジアムへの入場禁止を含むサッカーに関するあらゆる活動の4カ月間禁止、ならびに10万スイスフランの罰金という処分が下された。2018 FIFAワールドカップロシア大会では、どんなことがするのか、一緒に楽しみしましょう。